水メジャーの歴史

1. 水メジャー企業

古くはローマ時代にさかのぼる。ローマ水道はローマ貴族のボランティ資金で作った。その管理は「民」が行う。日本のように何から何まで行政が行う水道とは違います。

水メジャーの方程式はインフラは国、管理は民間です。ですから世界中に水管理会社が伸びてゆくのです。当然日本の水道も傘下に入ります。

企業名 解説(詳しくはリンククリック)
Veolia Veolia Environnement、

フランスに本社を置く総合環境サービス企業。エネルギー、廃棄物、公共輸送といった複数の事業部門から成り、水道事業はVeolia Water(ヴェオリア・ウォーター)が担っている。全世界で1億7000万人に上下水サービスを提供。

Suez Suez Environnement、

フランスに本社を置く企業で、水道事業と廃棄物事業を展開している。世界120か国で9200万人に上水サービスを、6500万人に下水サービスを提供。子会社には、水処理事業を中心としたDegremont(デグレモン)や米国水道事業を行うUnited Waterなどがある。

GE General Electric Company(ゼネラル・エレクトリック)、

米国籍の世界最大級のコングロマリットで、エネルギー、産業用機器、医療機器、金融など幅広い事業領域を有する。水事業については、2000年代前半に複数の関連企業を買収し、急成長を続けてきた。現在の水部門はGE Power & WaterのなかのGE Water & Process Technologiesによって運営されている。
Siemens 本社はドイツのミュンヘン。米国GEと並ぶ超巨大コングロマリット。2004年にVeolia EnviornnementよりUS Filterを買収し、本格的に水ビジネスに参入。その後も複数の企業買収を重ね水事業の拡大を図ってきたが、2013年の事業再編によって水ビジネスは縮小された。なお、この時の売却先は米国のプライベート・エクイティであるAEA Investorsで、その売却額は6億4000万ユーロであった。

2. その他の注目すべき水企業

企業名 解説
Hyflux シンガポールに本社を置く水処理企業。1989年に創設され、2001年にシンガポール証券取引所に上場。海水淡水化などの水処理設備の建設だけでなく、運営・管理も行っている。シンガポール以外では中国や中東、アフリカ地域にてプレゼンスを強化している。


Pentair 多様な製品やソリューションで知られるグローバル企業で、本社をミネソタ州ミネアポリスに置いている。同社のWater Groupは、水の移動、処理、貯蔵、および利用の分野で世界にひろく使われている革新的な製品やシステムを提供するグローバル・リーダーである。また、同社のTechnical Products Groupは、ICパッケージングなどのエンクロージャーや熱管理の世界市場のリーダーであり、さまざまな熱管理製品や、壊れやすい電子回路とその利用者を保護するエンクロージャーの標準品からカスタム品にいたるまでを、設計・製造している。

AECOM 米国ロサンゼルスの総合エンジニアリング会社。高速道路、空港、エネルギー、石油・ガス、上下水道といった幅広い分野で計画、コンサルティングなどに携わる。Engineering News-Record誌では世界第1位のエンジニアリング企業としてランクされている。2013年の年間売上は約79億ドル。

CH2M HILL 米国コロラド州に本社を置く総合エンジニアリング企業。プラントのコンサルティング、設計、建設、運営、管理をおこなう。エネルギー、環境・原子力、建物・都市開発、輸送、水の5部門から成り、世界各国に2万6000人の従業員を有する。

Xylem 米国のコングロマリットITT Corporationから2011年10月に分離独立した水技術専門企業。全世界150を超える国で、公共上下水道事業、住宅用および商用ビル・サービス、工業用および農業用のさまざまな場面で、水の輸送、処理、試験、および効率的な利用に関する技術を提供している。本社は米国N.Y.、従業員数は12,500人。

Dow Chemical 米国ミシガン州に本社を置く、世界最大規模の化学メーカー。水ビジネスに関しては膜モジュール、イオン交換樹脂、吸着剤などといった部材を主に扱っており、逆浸透膜の世界シェアでは日系企業と常にトップを争っている。

Modern Water 2006年に創業を開始した英国企業。膜事業では正浸透膜(FO膜:Forward Osmosis膜)を主軸に展開する。その他、水質モニタリング、毒性モニタリング、環境モニタリングなどを手掛ける。従業員52人

TaKaDu 本社はイスラエルのYehudにあり、その他にイギリスとオーストラリアに支社を置く。水道ユーティリティに対して、水道ネットワークの漏洩や破断などの欠陥や、メーターの故障その他の不具合をリアルタイムで検知して警報を発することのできるSaaS(software as a service)ソリューションを提供している。同社のサービスは損失水の低減などに寄与し、これにより顧客はコスト削減が可能となる。

Desalitech 高効率な水生産・廃水処理ソリーションを提供する企業、本社は米国マサチューセッツ州・ニュートン。次世代のクローズド・サーキット淡水化(CCD)技術を有する。最近では、東洋エンジニアリングやVeolia Water Solutions & Technologiesとの提携を進める。

Manila Water マニラウォーター。フィリピンの上下水道運営会社。現地の財閥であるAyalaグループと三菱商事が共同で出資し、1997年に設立。マニラ首都圏において無収水対策および24時間給水を徹底し、好業績を上げている。最近では周辺国(ベトナム、インドネシア、ミャンマー)にも進出している。

ACCIONA Agua アクシオナ・アグア。スペインのマドリッドに本社を置く、インフラや建設業などを手掛ける複合企業ACCIONAの一部門である。ACCIONA Aguaは各種水処理プラントの設計・建設・運営を行っているが、特に淡水化事業に強みを有している。世界70地点に広がるRO膜法による淡水化プラントの造水量は190万m3にもなる。スペイン以外では、主に中南米、オーストラリアなどに進出している。

Abengoa アベンゴア。スペイン南部のセビリアに本社を置く、総合エンジニアリング企業。1941年創業、世界80ヶ国でエネルギー、通信、輸送、環境事業を展開。再生可能エネルギーを主力事業とし、太陽光発電、バイオ燃料生産、海水淡水化、産業廃棄物再利用などを手掛ける。

RWL Water N.Y.に本社を置く、水処理および廃棄物のエネルギー転換システムを一体化して提供する企業。高度な浄水技術による水処理とリサイクル技術を介して世界的に増え続けるニーズを満たす、グローバルな水処理ソリューション・プロバイダー。産業および公共向けに、手ごろ且つエネルギー効率の良い水処理施設を、世界70超の国々、3,000地点で提供している。世界中の販売、サービス、エンジニアリングの専門家のネットワークを通じて顧客の要望に迅速に対応するために、同社の中核事業は北米、南米、中東および欧州に戦略的に配置されている。

IDE Technologies イスラエルで最大級のエネルギー・インフラグループであるDelek GroupとIsrael Chemicals Ltd.の50:50の出資により1965に設立。主に淡水化や工業用廃水処理プラントの設計、調達、建設、運営を手掛ける。カナリア諸島、中国、インド、米国に支社を持ち、海外比率は80%を超える。海水淡水化プラントでは、蒸発法、逆浸透法のどちらも扱う。

IBM 米国ニューヨーク州アーモンクに本社を置く、コンピュータ製品およびサービスを提供する会社。水ビジネスでは、主に上下水道におけるITを利用した先進的な管理サービスをおこなっている。これにより、リアルタイムでの流量管理が可能となり、水道運営の効率性が向上する。着実に世界各地で実績を上げており、最近ではインドの上下水道でもIBMのサービスが導入された。

Oasys Water 米マサチューセッツ州に本社を置く、低コストの造水に役立つ技術を得意とする企業。Oasysは正浸透(FO)というプロセスを採用することで、顧客は水回収のコストを削減し、廃水処分にともなう問題を解消し、世界の淡水資源の保護に寄与することができる。

VA Tech Wabag インド東部のチェンナイに本社を置く、水処理プラント建設分野においてインド最大のエンジニアリング会社。近年ではアフリカでも水ビジネスを拡大しつつあり、あわせてM&Aにも積極的な姿勢を示している。

Kemira ケミラ。フィンランドのヘルシンキに本社を置く、化学品メーカーである。1920年に設立した同社は、2011年には従業員約5000人を擁している。2012年度の売上は22億ユーロ(約2930億円)を超えており、その9割近くが欧州での売上である。2013年に発表された同社の企業戦略“From redesign to expansion”では、「紙・パルプ」「石油・ガス」「鉱業」「水処理」、これら4つの分野での化学品に集中していくことを表明した。

Grundfos グルンドフォス。デンマークに本社を置く、世界最大手のポンプ・メーカー。近年では水処理分野にも進出を始めており、2013年4月にはHyfluxの膜製造部門と提携を結び、UF膜を用いた水処理分野での展開を強化した。また最近では、途上国での水供給サービスの一環である“AQtap”という装置を開発した。

Bilfinger ビルフィンガー。ドイツ・マンハイムに本社を置く国際的なエンジニアリング&サービス・グループ。65,000人を超える従業員の総合的な技術の専門的知識と経験を用いて、工業施設、発電所、不動産、およびインフラに特注のサービスを提供している。同社は、工業、ビル・施設、建設などの事業区分で約85億ユーロ(約1兆円)の年間売上を生み出している。水ビジネスについては、2016年に同社のWater Technologies部門を中国の成都天翔環境グループに売却することを明らかにし、事業ポートフォリオの見直しを行っている。