防災と造水

経済産業省(全国中小企業団体中央会) の助成のもと

(水WRAP)が構築した活路開拓調査実現化の指定モデル事業

 

コア・ウオーターシステム
日常でも、
災害時も、          

造水装置を核とする水生活

 

提案者
日本初、知財・異種技術パッケージ化組合


★これまでの状況

■給水管の錆止め塗料の課題

日本には二通りの「水道」があります。   平成21年度公的助成を得て、調査・研究の結果、 貯水槽(給水槽)水道方式の水道管、とくに築20年以上のマンションには、工事履歴の45%が更生工事であり、発がん性を有するメチルジアニリン(MDA)を含む芳香族系化合物塗料がその90%に及び放置されていることが判明しました。


更に解明された新事実は、過去に給水管内に何らの工事もおこなった事実のない塩化ビニールライニング鋼管の内側に、危険な芳香族系化合物が付着しているミステリアスな事実も発見されました。


塩化ビニール面に蓄積する特有な現象ならば、国内の水道管の95%は塩化ビニールであり、国内5000万世帯の住宅すべてに及び、水道管内の芳香族化合物による汚染の深刻さをうかがわせるものとなります。

★今回の調査研究の目的と結果

 ■本年の調査・研究では、
平成21年度の公的助成による調査・研究成果を踏まえ、管壁面の附着性に関する

①最適な管種の発見、
②芳香族化合物の附着由来、
③水に浮遊する芳香族化合物を除去できる浄化技術の確認、
④更に水道の供給側に頼らない海外でも適用可能な「安全で安心な水事業」を産み出すビジョン策定を目標としました。

■平成22年度公的助成による調査・研究で明らかになったことは、

(1)更生工事履歴の給水管は学校、病院では2%未満でしたが、水道管の汚れについて知識が広がっており「水道離れ」が著しいことです

(2)塩化ビニール管とステンレス管との芳香族化合物の附着性比較は、芳香族化合物樹脂の劣化が確認されている管路に敷設されていた同一条件下で確認しました。結果は、ステンレスには附着性はなく、塩化ビニール管には附着性が認められました。築30年経過の塩化ビニール管にも同様な分析結果を得ました。

(3)水道本管より芳香族化合物が建物内の給水管へ流入する事実はかなり確実であるので、芳香族化合物の代表格、MDAとベンゼンの除去性能を宇宙技術で培った浄水装置で確認試験を行い除去性能を確認、有効性が証明されました。


■調査・研究成果の結論、


①当組合の再更生技術(ラップライニング基準書参照)や洗浄技術(ラップ洗浄基準書)は建物延命化や健康志向の時代に対応する有用な活路開拓技術であるといえます。


②より上質で安心な飲料水の確保の為に宇宙開発技術が極めて有用であることが確認されました。

 

★新たな展開に向けて


■当組合の概要
 
水の活かし方について、四つの理念を持ち、この理念を基にした給排水循環の設計思想は、いかなる場所、建物に共通するシステムで、健康と環境を連続させるものとなります。


四つの水を活かすラップシステム
1、上質な飲料水で健康づくり
   微細な化学物質が付かないステンレス(銅管)配管とミネラスバランスをつくる宇宙水システム。
2、力のある水づくり
   磁力・電子力で界面活性力アップ。環境型洗濯や塩素毒性緩和でエステな温水づくり。
3、水道水を活かす
  殺菌力を完全除去してしまっては無防備です。水道水で洗濯・風呂洗いをして下さい。
4、美しい水づくり
  酵素力を活かし脱ケミカル・油脂分解の洗浄システ。排水は川の源流の一つです。


■ 新たな課題

  水道給配水フローは民営化の流れの中で、下水も外資等のターゲットです。縦割り行政、地方財源の逼迫、法律外におかれた貯水槽水道、生活排水に含まれる油脂・化学物質が明らかに水道側に循環してきています。「水」危機は、平成の黒船です。設計士、ディベロパー、水の使用者、マンション組合、学校長、病院長、ビルオーナー、各地域の住民、料理人など、水に係る人たちが、生活のあり方(排水はもう一つの川の源)を変えることこそ、「水」危機に直面している時代の必然性といえるでしょう。


■ ミニ公共化の提言
 水のミニ公共とは、利用者が上質な飲料水をつくることです。この新たなる方向は、給排水循環のミニ公共の連結で新しい水の公共性を確保する道です。私達はこれをウオータールネッサンス(ラップ)と呼びます。小さくは家単位から始められ、既存、新築、日本、海外を問わずに、共通する造水の考え方です。


 これからはミニ公共としての「水」が、日本の、いや世界の公共的内需を支える趨勢です。「水」の分野における日本の活動が、期待されています。日本が世界各国に輸出し得る新しい技術の一つが「水穂という伝統文化に根差した水システム」という新しい事業です。これを軸にした経済活性は大量雇用の創造につながるでしょう。
                     

ラップシステムの概要



■・給水管路と消毒水
   従来の給水管路技術の活用
    塩素消毒水を適切に活用
     その他磁気等の水装置の活用

■・飲料用水の造水装置の設置     
   浄水・造水システム、
    ・宇宙ステーション型飲料水に準ずる
   小さな水循環
    ・身体からの尿を純水ろ過する性能

  ・健康を維持するミネラルバランス性能



■デビル・サイクルもクリアします
 ・ゴッド・サイクルに変える排水
  ・脱ケミカルの排水にも貢献

2.飲料水「ポセイドン」の特長

日常と災害時にも対応する「造水装置

 

 

  • 水源 (基本は水道水・地下水等)
  • 完全に安全な純水づくり (宇宙水準RO膜)
  • 上質な飲料水づくり (ミネラルバランス水)
  • 保存性に優れる(安全水づくり)
  • 災害時(均一な水質の原水(凝集剤使用)


何故、ポセイドン?

ポセイドン(Poseidon)オリュンポス山の山頂に住まうと伝えられる12柱の神々の一神。

人類の守護神ゼウスの兄。
海洋を司る神であるが地下水の支配者でもあり、

泉の守護神ともされる。
特に地震を司る神でもあり異名の1つに
「大地を揺らす神」というものがある。

 

万物の霊長である人間は
ポセイドンの力を借りることに成功したのです。

海神ポセイドンはミネラルの海の支配者です
人類は、知恵を授かり、宇宙に向かう水に、
「ポセイドン・命の水」と名づけました。

 

人は、水と地を支配するポセイドンを時空を超えて尊崇しています。

日本では神社の御神水もその現われの一つです。

 

命の水づくりポセイドンは

いかなる水道管からの水でも、井戸、河川、泉からの水でも①完全に浄化し ②純水をつくり③海の幸を付加し ④ミネラルバランスを有する⑤人の健康に役立つ水を造ります。

主な物質の除去率

放射能物質、農薬、発がん物質を除去します

 


ミネラルバランス水で健康貯金


・家庭&地域・学校・病院・施設・ビル
(注)純水だけの日常飲料は避けてください

各水の役割

塩素を含まない水生活は危険

①塩素水を水道水といいます。
塩素を含まない水は水道水ではありません。

②赤痢、コレラ、チフス、パラチフス等の法定伝染病を日本から絶滅させました。

③台所の野菜洗い、食器洗い、シンク洗い、タイル洗い、トイレ掃除、浴室掃除など細菌やカビ菌に対応する水は「塩素水」です。

家庭内排水管のゴキブリ退治、コバエ退治にも必要です。

④磁気装置は油潤滑やボイラー爆発防止で生まれた装置で水を活性化する役割があります。配管の錆びの固化に使われています。

禁止事項

①塩素除去型の浄水装置を水道管の根元に設置することは禁止です。

②配管汚れが気になります。フィルター型浄水器では微細物の除去は困難です。これこそRO膜以外に除去性能を有する膜はありません。

③しかし、RO膜浄水装置の純水を生活水としていると健康を害します。禁止です。

水ラップ30年の研究成果

①宇宙ステーションの知恵、
 飲料水限定では、浄水・造水ミネラル水「ポセイドン」以外有用な装置はありません。

②その理論と実証で生まれた浄水・造水機「ポセイドン」を推薦いたします。

 

3.水ラップ事業の確固たる理由

■経済産業省施策の一環で調査・研究
 
①水道管と水道水の調査・研究
②宇宙技術とのコラボレーションで飲料水造水システム開発※国家助成による調査研究

■管路診断技術の開発①非破壊診断②MIR分子分析※実績・性能確認済み

■30年の給排水工事実績・更新と更生工法 開発※国土交通省組合認可

■家庭の安心安全ポセイドンで飲料水
・毎日の健康と災害時の命の水普及

水ラップは水使用者の健康を願い最適な事業者と共同事業を行う管路と水の専門ナビゲーターです。

管路につての経歴も十分です
給排水管工事の共同事業者の実績例

<主な首都圏給排水衛生設備工事>
  
東京都:東京大学法学部(冷却水管更生)・東京大学工学部5号館(給水管更生)、埼玉県:埼玉大学教養学部(給水管更生工事)千葉県:東洋マンション(給水管更生工事)、神奈川県:日鉄市が尾住宅(給水管更生工事)等、首都圏でのその他新日鉄グループ及び組合員施工実績:約1200棟
 
<主な首都圏外給排水衛生設備工事>

北海道:稚内市立病院(給水管更生工事)、山形県:蔵王保養所(給排水管劣化調査)、福島県:雇用促進日の出住宅(給水管更生工事)、茨城県:常総カントリークラブ(従業員用トイレ改修工事)、栃木県:那須保養所(暖房設備改修工事)、群馬県:サニックス水上壱番館(給水管抜管・内視鏡調査)、長野県:ソアレ南原(給水管更生工事)、静岡県:静岡住友生命ビル(空調配管劣化調査)、山梨県:隠雲荘(ガス管内視鏡調査)、愛知県:SC名古屋支店(給水管更生工事)、兵庫県:姫路商工会議所事務所(給水管更生工事)、岡山県:東京工業大学大岡山3号館(給水管更生工事)、福岡県:福岡ガーデンパレス(給排水管劣化調査)、等、全国に実績多数